2019.06.16更新

こんにちは、エステティシャンの小野ですniflower

 

早速ですが、傷やニキビ痕などの炎症が引いた後、茶色く色が残ってしまったというご経験はないですか??

その他にも、かゆみ等で擦れすぎて肌が茶色くなってしまった、など。

炎症が続くと肌に色素が残ってしまいます汗

肌の代謝と共に改善が見られていくことも多いですが、炎症が強かったり沈着長く続くと更にシミのように残ってしまうことも!!.

 

自分で目につきやすいお顔の他に、薄着になるこの季節だからこそ、背中も気にされる方がとても多いです。

 

症例写真をご覧ください.

 

pic20190616155416_0.JPG

 

 

かぶれ、擦れによってできた色素沈着と、ニキビ痕が残っている状態です。

2~3週間に一度ケミカルピーリングビタミンCハイドロキノン導入をされていました。

頬の色素沈着は薄くなり、本来のお肌の色へ少しずつ戻ってきていて、ニキビ痕は綺麗に薄くなりました.glitter2

 

ケミカルピーリング皮膚の角質を取り除き新陳代謝を促進させることで、新しい綺麗な肌へと促していきます。

ビタミンC保湿や美白・美肌効果

ハイドロキノンはより美白効果が高い導入剤なため、痕だけでなく肌全体の美白やシミにも効果を発揮してくれます。

 

気になる箇所がある方、深く残ってしまう前のお手入れをおすすめします.

症状やお肌の状態で、その方それぞれの効果的な施術は異なりますので、ぜひ一度ご相談ください.

 

投稿者: しらゆりメディカルエステ

inq_bn01_sp.png
inq_bn02_sp.png
キャンペーン情報
Staffブログ
しらゆり皮膚科クリニック オフィシャルサイトへ しらゆり皮膚科門仲クリニック オフィシャルサイトへ